カラーの新商品【THROW】

今日はモルトベーネさんから今月発売されたばかりの「THROW」というカラー剤の講習会に参加してきました。 このカラー剤は 【アッシュに特化したヘアカラー】 というコンセプトのもと開発されたカラー剤です。 普段の仕事の中で「赤みを消したい」「透明感を出したい」というオーダーは非常に多いです このあたりは個人的にはかなり得意分野で自信はあるのですが、より扱いやすく良い結果が出るカラー剤があるならお客様に届けるのが使命だと思いますので、個人的にとても気になっていた商品もであります そして素晴らしいところが「THROWジャーナル」というヘアカラーに特化したWEBマガジン上で全国各地の美容師さんが記事を書いており、本当に解りやすく為になるコンテンツがほぼ毎日更新されているところです。 これはお客様にも是非チェックしていただきたいサイトなのでリンクを張っておきます。 ヘアカラーのことが色々な角度から書かれておりお客様にとっても私たち美容師にとってもとても勉強になる内容になっております THROWジャーナル http://throw-web.com/journal このカラー剤はなるべく早く導入する予定なのでまた導入後にお知らせしたいと思います。 アッシュカラーで希望の色にならないとお悩みの方は是非一度ご来店ください。 髪質や状態を見た上でできること、できないことを明確に説明し、現状に一番良いと思える提案をさせていただきます。 カラー剤も美容師も日々進化しています。今まで希望の色にならなかった方も諦めずにトライしていただきたいです。「髪質的に無理」ではなく「髪質的にこうすれば希望にそえる」と

梅雨時期のスタイリング

梅雨真っ只中、皆様ヘアスタイルのまとまり具合はいかがですか? うねりや毛先のはねなど悩みが尽きない季節ですが 朝のひと手間で1日が快適になるスタイリングの事を書きたいと思います あらたまって言うほど特別では無いのですが、ストレートアイロンで髪を伸ばす方法です。 上の写真は湿気を吸って膨らみ、顔周りの毛を耳にかけていた為毛先が跳ねてしまっている状態です。 これをブローで伸ばそうとするととても大変・・・ そんな時はストレートアイロンの出番です。 そこまで細かく分けなくていいので、 耳から前を2段、耳から後ろを3段位目安に、床と並行にストレートアイロンを通します。 ・・・いきなり仕上がりの写真になってしまいますが 綺麗な内巻きのミディアムボブになりました。 ここまでの工程が約5分位なので慣れてしまえば毎朝スタイリングできると思います。 梅雨の時期、クセを抑える方法の一つとして是非習得していただきたいシンプルで簡単なテクニックです。 文字と写真だけでは伝えきれないので今動画にまとめていますので完成まで少々お待ちください。 今後ホームページにて動画でスタイリングアドバイスなどを載せていこうと思っていますのでたまにチェックしてみてください☆ 6月で31歳になりました  葛西浩太

ヘアスタイルの撮影

こんにちは、葛西です。 オープンしてから連日ヘアスタイルの撮影をしています。 ホームページトップに掲載してますので見てみて下さい! 美容師として自分の作品を形に残すことはとても大切で、 まず、お客様に自分の技術やセンスを伝えるサンプルになります。 お店を選んでもらえるきっかけにもなりますのでとても大事ですね! そしてもう一つが静止画として冷静に見ることで自分のカットを振り返ることができます。 ボリュームの位置や細かな毛束の流れなどが客観的に見えてくるのでとても勉強になります。 今回もオープンに合わせた撮影の数々で新たな発見や課題も見つかったりしたので もっともっと技術、センスを高めていきたいと思います! ・・・そして何より家電好きな自分としてはカメラを弄るのが楽しい! カメラに関しては素人なので情報を集めながら手探りで撮影しているのですが たまに上手く撮れたときはすごく嬉しいですね! 一眼レフカメラのレンズのメカっぽい音にもテンションが上がります。 ちなみにNIKONのD5100と50mmF1.8Gという組み合わせでいつも撮っています。 これからもカット技術と合わせて撮影技術も習得していきたいですね! 家電量販店大好き  葛西浩太

カウンセリングする時に考えること

今日はカウンセリングしている時に私たち美容師が考えていることを私、葛西個人の目線で簡単に書いてみようかと思います。 お客様がカットしたいな、と感じる時に気にしている点として ・長さが伸びてきて気になる ・重さが気になる ・毛先がハネる ・毛先のダメージが気になる などの物理的なポイントと ・試してみたい、憧れる髪型がある ・なんとなく現状が好みじゃないがどうすればいいか分からない ・ヘアカタログを見てもどれができるのか分からない ・どう伝えればいいのか分からない などの気持ち的なポイントがあると思います。 ここでまず1番危険だし私は絶対にやらないように気をつけているのが 【物理的なポイントだけをカウンセリングで聞き、カットする】 例: お客様「3cmくらい切りたいです、あとハネるのが気になります」 美容師「かしこまりました。ハネないように3cmくらい切りますね」 ・・・・多分こんなにあっさりしたカウンセリングはないと思いますがこれだと最後どうなるか全く分からないですよね。 私だったら「3cmくらい切りたいです、あとハネるのが気になります」というオーダーを頂いたらまず頭に ・ボブっぽくか、エアリー感をだすか、 ・毛先の表情は重めのラインか軽さをだすか ・丸みの出し具合は? ・ぱっと見の雰囲気は可愛い感じか、クールな感じか、 ・顔周りの髪の好みは? などの確認したい点が浮かびます。 ただ、これを言葉で聞いて明確に答えられる方はまずいないんじゃないかと思います。 ですので一緒にヘアカタログを見ながらご提案する形になります。 ・・・なんか普通ですね! 普通なんですがここでお互いの認識を

TEL 045-530-3540

​MAIL:imatesora@gmail.com

営業時間 10:00~20:00

定休日 火曜日

〒224-0032

神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央22-15 ルーナレガーロ2F

 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2016 by imatesora